様々な場面で

男の人

農業を行う時に、必要になってくるスプリンクラーもあれば、火災の際にいち早く火災を鎮めるために設置されているスプリンクラーなど、意外とこの機器はいろんなところで使われています。 スプリンクラーは、あらゆるところで使われる機器なので適材適所という言葉があるように、必要な部分で使わないと十分に機器の力が発揮できることができないので、農業用は農業の際に、火災用は火災が起きやすい場所に設置をしなければ意味がありません。 農業では、いろいろなスプリンクラーがあり半径3メートル分まで水を飛ばせる機器もあれば飛ばす範囲が決まっていて集中して飛ばす機器も開発されてきています。 また、火災用も広範囲に大量の水が飛ばせるように開発されてきています。

スプリンクラーというのは機器自体はあんまり価格がかかりません。 機器自体は、農業用だと500円から高くて2000円ほどお手頃価格で購入できる値段です。 しかし、火災用となると農業用の値段と違いすこしお高い値段になっています。 火災用では1つでは足りないので、1部屋あたりに3個など部屋の大きさと、部屋数の多さで購入数も変わってきますし、火災報知機や火災探知機といった機械と連動しないといけないので連動するための設定も行わないといけません。 また、設置するための費用なども用意しないといけません。 農業用と火災用と共通しているのは、水道代です。 農業用は用水路という手段もありますが、すこし費用がかかってしまいます。