天からの脅威

避雷針

避雷針工事で建物を守るメリット

雷による被害は直接的な影響を及ぼします。落雷が直撃した時にダメージを受けるのは、人間のような生物と精密な機械類です。機械であれば買い直す事で復旧できます。しかし人間は生命の危険さえあるのです。つまり雷に対する備えは常に用意しておく必要があると言えます。雷が最も落ちやすいのは高い場所です。現代では高層ビルが乱立していますが、それらは特に落雷しやすい事は間違いありません。日本は落雷に対する最低限の備えをする事を義務付けています。20メートル以上の建造物には、必ず避雷針工事を施さなければならないというルールです。それによって最低限の安全を保証できます。そして高層ビルを持つ所有者や、入居している人間にとっても安全を買う事に繋がるのです。

避雷針を備えた建物が増えている

避雷針工事は高層ビルの所有者だけが関係するというのが従来のやり方でした。しかし避雷針工事を発注する人は、近年において幅広くなったと言われています。なぜなら建物に存在する機械が故障すると、甚大な被害に発展する恐れがあるからです。機械はネットワークケーブルで接続するタイプが増えました。それによってトラブルの範囲は拡大傾向にあるのです。仮に避雷針工事による備えをしていない建物に落雷すると、ネットワークケーブルが接続されている機械が停止するリスクがあります。仮にマシンが落雷で壊れてしまうと、遠隔地から機械を利用している人にも影響が生じるのです。それがビジネスに関する契約に抵触する事態になると、大損害を引き起こす恐れがあります。